FC2ブログ

圭代の料理教室

KIDS KITCHEN & 料理倶楽部 in 長泉町

2014年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

Family 6月号

東海地方の情報誌、Family6月号掲載のレシピです。

 毎月、今月の食材は何にしようかと考えます。旬がほんの1ヶ月足らずで終わってしまう食材や、通年あるけど今が一番美味しい!という食材など、それぞれに店頭に並ぶ期間が違います。
今回の食材「カツオ」は、初鰹の時期(3−4月)に店頭に並びはじめ、9月の戻り鰹の時期に美味しさがピークになります。3−9月がカツオが手に入りやすい時期になるのですが、その間、ずっと同じ食べ方をするのではなく、時期々々にあった料理で楽しむのがいいかなって思います。
 今の時期のカツオって比較的あっさりしているので、ドレッシングで和えてサラダ風にするととても美味しく食べられます。値段も安いので(秋に近づくほど高くなります (^_^; )、お好きなドレッシングとたっぷりの野菜を添えてチャレンジしてみてくださいね。

もう一品は、オクラを使ったお料理です。
ネバネバの食材って、失いつつある乙女心をくすぐる気がするのは気のせいでしょうか?沢山食べるとお肌を保湿してくれそうな…
体に大事なのは食事のバランスだから、1回でそんな効果はないはずで…でも、やっぱりネバネバ食材って愛おしい。そんな気持をこめて、ネバネバ仲間を和えたらお豆腐に乗せて美味しくいただきます。
 長芋のさくさく感、オクラの香り、なめこの味わい。全てを包み込む、旨味の効いたネパネバ!最高ですね。
切るだけ、混ぜるだけのレシピなので、ぜひ一度チャレンジしてみて下さいね。

では、レシピです。

カツオとアボカドのゴマ風味
材料)カツオ(刺身用)…1柵、アボガド…1個、新タマネギ…1個、トマト…1個、カイワレ菜…1パック、A(すりごま…大さじ3、しょう油…小さじ3、ごま油…小さじ1と1/2、砂糖…小さじ1と1/2、酢…小さじ1と1/2)

作り方)
1、カツオ…5ミリのそぎ切りにする。
カツオ切る包丁を寝かして手前に滑らせながら切っていきます。
アボガド…皮をむいて1.5ミリの薄切り。新タマネギ…スライスする(スライサーを使うと便利)、トマト…1.5センチの角切り。カイワレ菜…根を切る。
2、Aを合わせて、1のカツオと和えてから、アボガドを加えて混ぜます。


カツオ味付け必ず、カツオの味付けが先!しっかり味のカツオをアボカドに絡ませるのが美味しさの秘訣です。
3、新タマネギ、トマト、カイワレ菜、とともに彩り良く皿に盛りつけましょう♪カツオとアボガドのごま風味
うーん、色も綺麗で美味しそう。ちなみにお皿は、無印の木製食器です。

オクラのうま味豆腐
材料)絹ごし豆腐…1丁、オクラ…1パック、なめこ…1パック、長芋…100g、おろし生姜…適宜、A(麺つゆ…大さじ2、しょう油…小さじ1と1/2、酒…小さじ1)

作り方)1、500mlの水に塩小さじ1の割合で茹で汁を用意し、オクラを茹でて水に取る。(茹でながら塩味をつけます)
2、長芋は、皮を剥いて3センチ程度の細切り。
3、豆腐をスプーンですくって器に盛り、Aで和えたオクラ、なめこ、長芋をかける。仕上げにおろし生姜を添える。



塩で洗う
オクラって新鮮なものは、産毛が沢山ついています。
そんな時は塩をこすりつけるように洗ってからお料理します。色も鮮やかに仕上がりますよ。

| family〜旬食レシピ | 00:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |